ミステリーシネマ神戸・はてな支店

永遠のセルマとミステリーシネマ神戸の抜粋です。

47Lab. 4713 Flatfish + XO Master Clock + 4799

通称フラットフィッシュ。

最近はまったく話題が出てこない、隠れた名機だった。

ピックアップ剥き出しで、インシュレーター・タイプのCDトランスポート(DACは内蔵されているが使わなかった。)である。

脚が逆スパイクになっていて、本体は床から浮き上がる形になる。

電源トランス4799も別筐体になっており、振動対策が万全。

したがって再生音自体は非常に静かでピュア。

ポップス・サウンドでの実体感はとりたてて感じられないが、実際にはかなり低いレベルからリニアに立ち上がっている。

ワイドレンジもさして感じさせないが、低音の締まりは良い方。

あえてジャンルを絞れば、クラシック小編成か女声ボーカル向き。

ただし、雑音ゼロという訳ではない。

本体の風切り音が出るので、セッティングによっては気になることもあるだろう。

またガレージメーカーらしく、壊れやすい(泣)。

静電気に弱い点は直してもらったが、やはり寒い時期になると、電源を入れた直後、音が悪くなる。

なお、話題のXOクロックの実装は済ませてあった。

このクラスのトラポでもクロックの改善で音はがらりと変わる。

バージョンアップにより、音場感は広くなったが、音が揃いすぎて、少し大人しくなった感もある。

クラシックには必須だろう。

ジャズには、どうかなあ?

*****

使ってるうちに、電源からノイズが混入するようになり、音にも飽きたので、何年か前に手放した。